FF14のギネス世界認定

スタームです。

先日のファンフェスでFF14のギネス世界記録が3つ認定されたということで少し感想を。

まずは一つ目のギネス。

「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」は、「最も長いエンドロールを持つMMOビデオゲーム」としてギネス世界記録に認定されました。
認定記録:1時間38分

gines1.jpg 

2つ目のギネス。

「ファイナルファンタジーXIV」 は、「ビデオゲームで最も多くのオリジナルサウンドトラックを持つタイトル」としてギネス世界記録に認定されました。
認定記録:384曲
gines2.jpg 

3つ目のギネス。

「ファイナルファンタジー」シリーズは、「最もタイトル数の多いRPGシリーズ」としてギネス世界記録に認定されました。
gines3.jpg 

全て凄い記録だとは思いますが、個人的には1つ目のエンドロール1時間38分というのが1番価値のあるギネスだと思っています。

普通の一般の人からすると
「1時間38分てそんなにエンディング長くしてどうするの?」
「そんなに長いエンディングなんて飛ばしちゃうよw」
っていう意見がほとんどでこのギネスって誇れるものじゃないよねって思うかもしれません。
上記意見は全くその通りだと思います。

実はこの1時間38分というのは理由があります。

当時、旧FF14は本当に質の悪い出来でとてもサービス提供できるものではありませんでした。
スクエアエニックスとしてFFブランドの失墜の危機となりえる状況でした。
悪いところといえば沢山ありすぎて書ききれませんが例えば・・・

店売りNPCに話すたびに3~4秒固まる。
少しの段差も引っかかり大きく回り込む必要がある。
MAPが使いまわされすぎて同じ風景ばかり。
所持品の整頓ができない。
マーケット機能がなく、大量のバザーNPCを配置する方式の為、お目当ての品を探すのが大変。

うーん、今思い返すだけでも酷すぎる・・・w

そこでプロジェクトを立て直すべく選ばれたのが吉田プロデューサーです。
立て直すためにどういう分析、計画を立てたのかというのは吉田Pが過去に講演をしています。
 
※1時間くらいあるので注意w

一度崩壊したプロジェクトを立て直すということはゲーム業界のみならずシャレにならないくらい大変なことです。
吉田Pは旧FF14世界をメテオが落とすという世界崩壊のシナリオで旧FF14を締めくくり、新生FF14という形でFF14を作り直しました。
実際に旧FF14ではユーザーに知らせることなく徐々に空の隕石が接近する演出がされていたようです。(吉Pすげー(°_°))

吉田Pは最後までFF14が面白くなることを願って最後まで旧FF14を続けてくれたレガシープレイヤーの為にレガシープレイヤーの名前をFF14新生エオルゼアのエンディングロールに刻んだのです。

開発スタッフだけでなくプレイヤーの名前まで流すとそりゃ時間はかかりますよね(゚д゚)

私は旧FF14を最後まで続けられませんでしたが、製作者とユーザーの間に確かな絆があったんでしょうね(-∀-)

ということでエンドロール1時間38分って素晴らしいギネスだと思いませんか(´・∀・`)?

これもちゃんと買って読んだからねw
IMG_1663.jpg 

つづく。


☞ 関連記事

コメント

やり直し
よしだぁぁの日々赤裸々、わたしも読みました。

やり直しはやはりやったことはすごいね。
1年半とかダブルスケジュールで、どんだけ投資したのか。。。
スクエニの体力もあっただろうけどw

エンドロールにはプレイヤーの名前として刻まれることはなかったのが残念でしたが
あの時は、やるき満々でそろえPCも新調して、まさかの状態に絶望を感じてたからなぁ(笑)
Re: やり直し
> よしだぁぁの日々赤裸々、わたしも読みました。
>
> やり直しはやはりやったことはすごいね。
> 1年半とかダブルスケジュールで、どんだけ投資したのか。。。
> スクエニの体力もあっただろうけどw
>
> エンドロールにはプレイヤーの名前として刻まれることはなかったのが残念でしたが
> あの時は、やるき満々でそろえPCも新調して、まさかの状態に絶望を感じてたからなぁ(笑)

コメントありがとう!
スコとはFF11時代の時から長くお世話になっていますw
旧FF14で絶望し、新生後も付き合ってくれてありがとう!
ん、もう一人いた気がするが・・・
彼のことは次のブログで記載する(`・д・´)


コメントの投稿

非公開コメント


検索フォーム
Twitter...
カウンター
RSSリンクの表示
リンク